技のとびら 技能検定制度等に係るポータルサイト

検索

文字サイズ

柳井縞の普及活動と後継者育成

  1. HOME
  2. 「地域発!いいもの」取組一覧
  3. 柳井縞の普及活動と後継者育成

平成29年度下半期

柳井縞の普及活動と後継者育成とは

柳井縞の普及活動と後継者育成

○大正初期以降「幻の織物」となっていた柳井縞を復興させ、織りの研究や技術習得のための研修を実施するとともに、小・中学校における機織体験等の授業を通して、その普及を図る取組。
◆江戸時代に柳井の特産品として全国に広まった木綿の「柳井縞」を、伝統的な手織り手染めにこだわりながらも、バッグやポーチ、小物入れに転用するなど現代的な感覚を織り込みながら普及に努めている点が評価された。
◆また、地域の高校生が、生徒自身が製作した機織り機を活用し、市内の小学校が開催する体験教室において、児童に機織りの指導を行うなど、地域資源を活用し伝統文化の理解促進に貢献している点も評価された。
[写真:柳井縞と市内小学校での体験教室の様子]

取組の詳細

 柳井の白壁の町並みにある体験施設『やない西蔵』には10台近い機織り機があり、平成13年から現在に至るまで年間平均1,500名以上の方が機織りを体験した。柳井縞の会では柳井を訪れる県内外さらには海外の方々に、この体験により柳井縞を知ってもらうきっかけづくりを行うとともに、今後も様々なイベントを通して伝統技能の継承を図っていきたいと考えている。
①平成26年から始めた「柳井縞を極める体験教室」は機織りの使用台数に限りがあるとともに、マンツーマンでの指導が望ましいため、2名程度の受講者に半年間のサイクルで指導を行っている。指導は主に会長が行い、内容によっては会員が補助している。半年で3反の織りが仕上がるが、自分で織り上げた反物で仕立てた着物は格別の喜びがあるようで、これまでに13人が修了し、その成果をあげている。
②体験工房「やない西蔵」には、山口県立柳井商工高等学校(以下、「商工高校」)の生徒が製作した機織り機も数台あり、機織り体験で利用している。現在、商工高校との連携事業として、商工高校の生徒による柳井縞を使っての体験学習プログラムに協力している。このプログラムは、商工高校の生徒が自作の簡易機織り機を使い、市内の小学校へ出向いて児童へ機織りの指導をするもので、年度毎に小学校と体験する児童を決めて年数回の授業が組まれている。最終的に織りあがった柳井縞で作品を作っており、今年度が3回目となる。柳井縞の会会員は、整経(糸を機織り機にセットできるように整える)をしたり、作業中のトラブルに対応するなど全面的に支援している。商工高校の生徒は、学科別に機織りの製作、児童への指導、商品開発、販売など若者らしい発想で取り組んでいる。
③山口県立大学(文化創造学科)においても、地域産業の活性化を視野に入れた研究テーマ「地域資源を生かした豊かな生活文化の創造をめざして」の地域資源として「柳井縞」が選ばれ、同会との連携のもと、ワークショップや商品開発を行っている。「縞」を活かした新しい農作業着「モンペッコ」(もんぺ)にも使用されており、「柳井縞」の普及に向け新しい取組にも積極的に参画している。
[「やない西蔵」での機織り体験の様子]

取組のアピールポイント・特徴・取組の効果など

 「やない西蔵」の来場者による機織りの体験は、柳井縞という伝統織物を多くの人に知ってもらうための格好の活動の場になっている。
 また、「柳井縞を極める体験教室」受講修了者の中には、自分で機織り機を購入し、自宅などで織りを続ける者もいる。織り上がった反物を使用して、着物にこだわらず洋服やバッグなど小物を製作して、展示会の開催や生地の販売をすることで、柳井縞の認知度も広がってきている。
 現在、柳井縞は地域団体商標の登録に向けて準備をしており、それに伴い、今後は品質管理や流通経路の確保、そして実際に織る人を増やすことを計画的に進めていく予定である。
 柳井商工の体験学習プログラム以外にも、授業の一環で柳井縞の機織り体験を実施する小・中・高等学校も増えてきており、小・中学生の頃から柳井縞に接することで、自分が住む地域に優れた伝統文化があることの認識と理解が深まり、興味を引き出している。こうした活動により、地域資源の活用と後継者育成の点からも効果を挙げている。
[写真:柳井縞の反物と、縞を活かして製作した小物類]

企業・団体の紹介

柳井縞の会

柳井縞は、柳井が瀬戸内海沿岸で屈指の商都として栄えていた江戸時代中期、岩国藩が織物の検印制度を開始したことでブランド化が図られ、「柳井木綿」として全国に名を馳せていたが、明治の後半に全国的に織物業が衰退し、大正初期以降は幻の織物となっていた。地域の伝統文化としての貴重な手織りの「柳井縞」を復興させようと、平成4年に有志が「柳井縞の会」を設立した。現在、約70名の会員により、「柳井縞」の継承と普及のため、織の技術の習得をめざす講座の開設や新しいデザインや商品の開発など様々な活動を行っている。

所在地
〒742-0021
山口県柳井市古市3700-8 やない西蔵 内
URL
http://yanaijima.web.fc2.com/

PAGE TOP

アンケートのご協力をお願いします

サイトのご感想をお聞かせください。

サイト運営の参考のためご協力よろしくお願いします。

技能検定制度への理解に

閉じる