文字サイズ

郷土の偉人 豊田佐吉翁「報恩・創造」思想の継承

  1. HOME
  2. 「地域発!いいもの」取組一覧
  3. 郷土の偉人 豊田佐吉翁「報恩・創造」思想の継承

平成30年度

郷土の偉人 豊田佐吉翁「報恩・創造」思想の継承とは

郷土の偉人 豊田佐吉翁「報恩・創造」思想の継承

 小学校の3 年生から6 年生を対象に、ものづくり体験教室などものづくりの楽しさ伝える取組。「トヨタ式木製人力織機の復元」、「3Dプリンターを使ったものづくり体験」など、40 年以上継続して地域に根ざした技能から最新の機器を使用したものまで、様々な取組を実施。

取組の詳細

 基本的に月2回、各学年のテーマに基づき作品を製作している。また、市内の小中学生を対象に湖西発明くふう展を開催し、優秀作品は豊田佐吉翁顕彰祭にて表彰を行うとともに、県大会及び全国大会への出品も行っている。
 平成28 年度には豊田佐吉翁生誕150 年及びクラブ創設40 周年記念として、豊田市内の設計士、製造会社及びクラブOB協力の下、「豊田式木製人力織機」の復元事業を行った。
 また、平成29 年度には湖西地域職業訓練センター及び地元企業の協力を得て、高学年のカリキュラムにITロボットや3Dプリンターに関する講座を設けるなど、新たな取組を進めている。

取組のアピールポイント・特徴・取組の効果など

①日本の将来を担う子どもたちに、ものづくりへの興味を持たせるものづくり体験を40 年以上継続しており、地域に大きく貢献している。
②「トヨタ式木製人力織機の復元」「3Dプリンターを使ったものづくり体験」など、地域の技能の紹介から新たな技能分野の紹介まで幅広く取り扱うことによる創造性や新規性に加え、地元企業とのつながり等の地域性も有している。
③発明クラブに入会する子どもが増加傾向に有り、ものづくりに興味を持つ子どもが増えている。

企業・団体の紹介

湖西少年少女発明クラブ

昭和52年5月16日発明協会より全国6番目のクラブとして認可を受ける。
趣旨:郷土の偉人豊田佐吉翁の「報恩創造」の思想を引き継ぐ。創る喜び、考える喜びを通して「親子のふれあい」をはかり、遊びの中から創造力、豊かな子どもを育てる。

所在地
〒431-0431
静岡県湖西市鷲津1293-4

PAGE TOP

アンケートのご協力をお願いします

サイトのご感想をお聞かせください。

サイト運営の参考のためご協力よろしくお願いします。

技能検定制度への理解に

閉じる