技のとびら 技能検定制度等に係るポータルサイト

検索

文字サイズ

防水施工技能士

  1. HOME
  2. 職種を調べる・探す
  3. 防水施工技能士

職種内容

防水施工技能士

防水施工は、雨水や生活用水などの漏水を防ぐことで建設工事における重要な工事の一つです。防水工事は形状により大きく、面状のメンブレン防水と線状のシーリング防水に分けられ、施工場所、用途、使用防水材の違いにより、様々な施工法があります。「防水施工職種」は、これらの防水工事の施工の仕事を対象としています。

●職種を知る
仕事内容・就く方法・労働条件などを知ることができます。(ハローワークインターネットサービス)
■ 防水工
● 冊子「技を磨く。技を広げる。」
建設系職種の試験科目及びその範囲や複数の技能検定を取得した多能工へのインタビューなどがご覧いただけます。
■ 建設系職種編
● 動画のご紹介「技~さらなる高みを目指して~」
熟練技能者の優れた技能を動画でご覧いただけます。
■ 防水施工(シーリング防水工事作業)

試験実施スケジュール(平成29年度)

  • 試験実施スケジュールは、前年度の3月上旬頃に公表されます。
  • 「期間実施」の試験は、都道府県職業能力開発協会が定めるいずれかの日に実施します。
  • 「期間実施」以外の試験は、全都道府県が同一日程で試験を実施します。
作業名等級学科試験実技試験
1.アスファルト防水工事作業 1・2級 1/28(日) 製作等作業試験:期間実施(後期12~2月)
2.ウレタンゴム系塗膜防水工事作業 1・2級 8/20(日) 製作等作業試験:期間実施(前期6~9月)
3.アクリルゴム系塗膜防水工事作業 1・2級 8/20(日) 製作等作業試験:期間実施(前期6~9月)
4.合成ゴム系シート防水工事作業 1・2級 1/28(日) 製作等作業試験:期間実施(後期12~2月)
5.塩化ビニル系シート防水工事作業 1・2級 1/28(日) 製作等作業試験:期間実施(後期12~2月)
6.セメント系防水工事作業 1・2級 8/20(日) 製作等作業試験:期間実施(前期6~9月)
7.シーリング防水工事作業 1・2級 8/20(日) 製作等作業試験:期間実施(前期6~9月)
8.改質アスファルトシートトーチ工法防水工事作業 1・2級 1/28(日) 製作等作業試験:期間実施(後期12~2月)
9.FRP防水工事作業 1・2級 8/20(日) 製作等作業試験:期間実施(前期6~9月)

学科試験概要

学科試験は、共通科目のほか、作業ごとに定められた選択科目を受検する必要があります。

詳細は、試験細目を参照してください。

学科試験
共通科目 1.建設一般
2.製図
3.関係法規
4.安全衛生
選択科目
(作業名)
1.アスファルト防水工事作業 アスファルト防水施工法
2.ウレタンゴム系塗膜防水工事作業 ウレタンゴム系塗膜防水施工法
3.アクリルゴム系塗膜防水工事作業 アクリルゴム系塗膜防水施工法
4.合成ゴム系シート防水工事作業 合成ゴム系シート防水施工法
5.塩化ビニル系シート防水工事作業 塩化ビニル系シート防水施工法
6.セメント系防水工事作業 セメント系防水施工法
7.シーリング防水工事作業 シーリング防水施工法
8.改質アスファルトシートトーチ工法防水工事作業 改質アスファルトシートトーチ工法防水施工法
9.FRP防水工事作業 FRP防水施工法

実技試験概要

実技試験は、製作等作業試験、判断等試験及び計画立案等作業試験のいずれか、又はそれらの組み合わせにより実施されます。受検の際には、最新の試験情報を確認してください。

(試験概要は、前期職種は3月初旬頃、後期職種は9月初旬頃に公表されます)

1.アスファルト防水工事作業
等級区分内容試験時間
1級
(H29後)
製作等作業試験 試験台の平場、立上がり及び貫通配管の各部にアスファルト防水を行う。 標準時間:1時間50分
打切り時間:2時間20分
2級
(H29後)
製作等作業試験 試験台の平場及び立上がり部にアスファルト防水を行う。 標準時間:1時間50分
打切り時間:2時間10分
2.ウレタンゴム系塗膜防水工事作業
等級区分内容試験時間
1級
(H29前)
製作等作業試験 試験台の平場面、笠木・立上がり面及び箱部にウレタンゴム系塗膜防水工事作業を行う。 標準時間:1時間40分
打切り時間:2時間
2級
(H29前)
製作等作業試験 試験台の平場面及び笠木・立上がり面にウレタンゴム系塗膜防水工事作業を行う。 標準時間:1時間40分
打切り時間:2時間
3.アクリルゴム系塗膜防水工事作業
等級区分内容試験時間
1級
(H29前)
製作等作業試験 あらかじめ用意された試験台の斜壁(開口部を含む)、天端、パイプ回り、立上がり面及びひび割れ部分を増し塗り、補強布、シーリング材等で補強し、アクリルゴム系塗膜防水材により塗膜防水工事作業を行う。 標準時間:1時間50分
打切り時間:2時間10分
2級
(H29前)
製作等作業試験 あらかじめ用意された試験台の斜壁(開口部を含む)、天端、立上がり面及びひび割れの部分を増し塗り、補強布等で補強し、アクリルゴム系塗膜防水材により塗膜防水工事作業を行う。 標準時間:2時間
打切り時間:2時間20分
4.合成ゴム系シート防水工事作業
等級区分内容試験時間
1級
(H29後)
製作等作業試験 試験台の平場、立上がり及び貫通配管回りの各部に合成ゴム系シート防水を行う。 標準時間:2時間30分
打切り時間:3時間
2級
(H29後)
製作等作業試験 試験台の平場及び立上がりの各部に合成ゴム系シート防水を行う。 標準時間:1時間40分
打切り時間:2時間10分
5.塩化ビニル系シート防水工事作業
等級区分内容試験時間
1級
(H29後)
製作等作業試験 試験台の平場、立上がり及び貫通配管回りの各部に接着工法及び機械的固定工法による塩化ビニル系シート防水を行う。 標準時間:1時間50分
打切り時間:2時間20分
2級
(H29後)
製作等作業試験 試験台の平場、立上がりの各部に接着工法及び機械的固定工法による塩化ビニル系シート防水を行う。 標準時間:1時間50分
打切り時間:2時間20分
6.セメント系防水工事作業
等級区分内容試験時間
1級
(H29前)
製作等作業試験
(AまたはB、いずれかの課題を選択)
課題A ポリマーセメント防水工事
(1) 壁にある湧水の箇所を止水し、その上を平滑に仕上げる。 標準時間:45分
打切り時間:55分
(2) 壁面及び床面に、ポリマーセメント防水層をこて塗り仕上げする。なお、壁面は、補強布を使用する。 標準時間:45分
打切り時間:55分
課題B 珪酸質防水工事
(1) 壁にある湧水の箇所を止水し、切付け処理をする。 標準時間:1時間
打切り時間:1時間10分
(2) 壁面及び床面に珪酸質防水層をはけ引き仕上げする。 標準時間:30分
打切り時間:40分
2級
(H29前)
製作等作業試験
(AまたはB、いずれかの課題を選択)
課題A ポリマーセメント防水工事
(1) 切付け処理及び下地処理後、その上にポリマーセメントで下地調整塗りをする。 標準時間:40分
打切り時間:50分
(2) 壁面及び床面のポリマーセメント防水層をこて塗り仕上げする。 標準時間:30分
打切り時間:40分
課題B 珪酸質防水工事
(1) 切付け処理及び下地処理後、壁面珪酸質防水層をはけ引き仕上げする。 標準時間:50分
打切り時間:1時間
(2) 床面に珪酸質防水層をはけ引き仕上げする。 標準時間:20分
打切り時間:30分
7.シーリング防水工事作業
等級区分内容試験時間
1級
(H29前)
製作等作業試験 試験台にガラス及び塩化ビニル方立を固定し、ガラス回り、ガラス及び塩化ビニル方立による三方突合わせ目地、サッシ回り目地、クロス目地、方立及び無目にシーリング防水工事作業を行う。 標準時間:2時間15分
打切り時間:2時間35分
2級
(H29前)
製作等作業試験 試験台に固定されたガラス回り、サッシ回り目地、クロス目地、方立及び無目にシーリング防水工事作業を行う。 標準時間:1時間30分
打切り時間:1時間50分
8.改質アスファルトシートトーチ工法防水工事作業
等級区分内容試験時間
1級
(H29後)
製作等作業試験 試験台の平場、立上り及び貫通配管回りの各部に改質アスファルトシートトーチ工法防水を行う。 標準時間:2時間
打切り時間:2時間30分
2級
(H29後)
製作等作業試験 試験台の平場及び立上りの各部に改質アスファルトシートトーチ工法防水を行う。 標準時間:2時間
打切り時間:2時間30分
9.FRP防水工事作業
等級区分内容試験時間
1級
(H29前)
製作等作業試験 試験台の平場面、笠木・立上がり面及び箱部にFRP防水工事作業を行う。 標準時間:1時間30分
打切り時間:1時間50分
2級
(H29前)
製作等作業試験 試験台の平場面及び笠木・立上がり面にFRP防水工事作業を行う。 標準時間:1時間30分
打切り時間:1時間50分

PAGE TOP

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。

アンケートのご協力をお願いします

サイトのご感想をお聞かせください。

サイト運営の参考のためご協力よろしくお願いします。

技能検定制度への理解に

閉じる