カーテンウォール施工技能士

カーテンウォール施工技能士

職種内容

カーテンウォールとは、建物の荷重(自重及び積載荷重)を直接負担しない、建築構造上取り外し可能な壁です。外壁重量の軽量化が可能となっています。カーテンウォールの種類としては、金属製、コンクリート製などがあります。「カーテンウォール施工職種」は、金属製のカーテンウォール工事の施工に必要な技能・知識を対象としています。

● 職業を知る
仕事内容・就く方法・労働条件などを知ることができます。(ハローワークインターネットサービス)
■ サッシ工
試験実施スケジュール(平成31年度)
作業名等級学科試験実技試験
1.金属製カーテンウォール工事作業 1・2級 2/2(日) 判断等試験:1/19(日)
計画立案等作業試験:1/19(日)
学科試験概要

学科試験は、以下の科目により実施されます。この職種には、選択科目はありません。詳細は、試験細目を参照してください。

学科試験
金属製カーテンウォール工事作業 1.カーテンウォール一般
2.施工法
3.材料
4.建築構造
5.製図
6.関係法規
7.安全衛生
実技試験概要

実技試験は、製作等作業試験、判断等試験及び計画立案等作業試験のいずれか、又はそれらの組み合わせにより実施されます。受検の際には、最新の試験情報を確認してください。

(試験概要は、前期職種は3月初旬頃、後期職種は9月初旬頃に公表されます)

1.金属製カーテンウォール工事作業
等級区分内容試験時間
1級
(H31後)
判断等試験 写真、図面、実物材料等により、ファスナー取付けの判定、吊込み方法等の判定、カーテンウォール断面の判定、あと施工アンカーの判定、先付けアンカー納まりの判定、各部納まりの判定、取付け墨の判定等について行う。 試験時間:
27分
計画立案等作業試験 図面によりカーテンウォールの施工手順、施工方法、人員計画等について行う。 試験時間:
2時間
2級
(H31後)
判断等試験 写真、図面、実物材料等により、ファスナー取付けの判定、カーテンウォール断面の判定、あと施工アンカーの判定、先付けアンカー納まりの判定、各部納まりの判定、吊込み方法等の判定等について行う。 試験時間:
18分
計画立案等作業試験 図面によりカーテンウォールの施工手順、施工方法、人員計画等について行う。 試験時間:
2時間