ロープ加工技能士

ロープ加工技能士

職種内容

荷下し、運搬等に使用されるワイヤロープなどの各種ロープについては、安全な作業を行うためのその強度、加工方法などが重要な要素となっています。「ロープ加工職種」は、ロープの加工に必要な技能・知識を対象としています。

試験実施スケジュール(平成31年度)
作業名等級学科試験実技試験
1.ロープ加工作業 1・2級 2/9(日) 製作等作業試験:期間実施(後期12~2月)
学科試験概要

学科試験は、以下の科目により実施されます。この職種には、選択科目はありません。詳細は、試験細目を参照してください。

学科試験
ロープ加工作業 1.ロープ一般
2.ロープ加工法
3.材料
4.関係法規
5.安全衛生
実技試験概要

実技試験は、製作等作業試験、判断等試験及び計画立案等作業試験のいずれか、又はそれらの組み合わせにより実施されます。受検の際には、最新の試験情報を確認してください。

(試験概要は、前期職種は3月初旬頃、後期職種は9月初旬頃に公表されます)

1.ロープ加工作業
等級区分内容試験時間
1級
(H31後)
製作等作業試験 ワイヤもっこの現寸図を作成して、ワイヤもっこを製作する。 標準時間:3時間30分
打切り時間:4時間
2級
(H31後)
製作等作業試験 ワイヤロープを使用して、玉掛索及びショートスプライスによるエンドレス索を製作する。 標準時間:2時間20分
打切り時間:2時間35分