技のとびら 技能検定制度等に係るポータルサイト

検索

文字サイズ

鉄道車両製造・整備技能士

  1. HOME
  2. 職種を調べる・探す
  3. 鉄道車両製造・整備技能士

職種内容

鉄道車両製造・整備技能士

鉄道車両とは、レールを敷設した線路上で乗客や貨物などを載せたりするために使われる動力を用いて走行する車両です。「鉄道車両製造・整備職種」は、この鉄道車両を製造したり、整備する仕事を対象としています。

試験実施スケジュール(平成29年度)

  • 試験実施スケジュールは、前年度の3月上旬頃に公表されます。
  • 「期間実施」の試験は、都道府県職業能力開発協会が定めるいずれかの日に実施します。
  • 「期間実施」以外の試験は、全都道府県が同一日程で試験を実施します。
作業名等級学科試験実技試験
1.機器ぎ装作業 1・2級
2.内部ぎ装作業 1・2級 9/3 (日) 製作等作業試験:期間実施(前期6~9月)
3.配管ぎ装作業 1・2級 9/3 (日) 製作等作業試験:期間実施(前期6~9月)
4.電気ぎ装作業 1・2級 9/3(日) 製作等作業試験:期間実施(前期6~9月)
計画立案等作業試験(1級のみ):9/3(日)
5.鉄道車両現図作業 1・2級
6.走行装置整備作業 1・2級 1/28(日) 製作等作業試験:期間実施(後期12~2月)
7.原動機整備作業 1・2級
8.鉄道車両点検・調整作業 1・2級 1/28(日) 製作等作業試験:期間実施(後期12~2月)

学科試験概要

学科試験は、共通科目のほか、作業ごとに定められた選択科目を受検する必要があります。

詳細は、試験細目を参照してください。

学科試験
共通科目 1.鉄道車両一般
2.材料
3.機械要素
4.電気
5.機械工作法
6.製図
7.品質管理
8.安全衛生
選択科目
(作業名)
1.機器ぎ装作業 機器ぎ装法
2.内部ぎ装作業 内部ぎ装法
3.配管ぎ装作業 配管ぎ装法
4.電気ぎ装作業 電気ぎ装法
5.鉄道車両現図作業 鉄道車両現図製作法
6.走行装置整備作業 走行装置整備法
7.原動機整備作業 原動機整備法
8.鉄道車両点検・調整作業 鉄道車両点検・調整法

実技試験概要

実技試験は、製作等作業試験、判断等試験及び計画立案等作業試験のいずれか、又はそれらの組み合わせにより実施されます。受検の際には、最新の試験情報を確認してください。

(試験概要は、前期職種は3月初旬頃、後期職種は9月初旬頃に公表されます)

1.機器ぎ装作業
等級区分内容試験時間
1級
(H28前)
製作等作業試験 SS400の材料をボール盤、グラインダ、やすり、タップ等を使用し、平面研削、穴あけ、ねじ切り等の加工をして、カップリングによって連結された2軸の心合わせをする。 標準時間:3時間30分
打切り時間:4時間
2級
(H28前)
製作等作業試験 SS400の材料をボール盤、グラインダ、やすり、タップ等を使用し、平面研削、穴あけ、ねじ切り等の加工をして、カップリングによって連結された2軸の心合わせをする。 標準時間:3時間
打切り時間:3時間30分
2.内部ぎ装作業
等級区分内容試験時間
1級
(H29前)
製作等作業試験 ドリル、タッパ、木工用工具等を使用して、化粧板をはり合わせ、骨体にヒンジを用いて組み合わせ、二つ折りの点検ふたを製作する。 標準時間:4時間
打切り時間:4時間30分
2級
(H29前)
製作等作業試験 ドリル、タッパ、木工用工具等を使用して、化粧板をはり合わせ、骨体にヒンジを用いて組み合わせ、点検ふたを製作する。 標準時間:2時間30分
打切り時間:3時間
3.配管ぎ装作業
等級区分内容試験時間
1級
(H29前)
製作等作業試験 配管用炭素鋼鋼管{SGP-20A(3/4B)及び15A(1/2B)}をエルボ、T等の管継手で組み立て、複雑な車両配管系統の一部分を製作する。 標準時間:3時間
打切り時間:3時間30分
2級
(H29前)
製作等作業試験 配管用炭素鋼鋼管{SGP-20A(3/4B)及び15A(1/2B)}をエルボ、T等の管継手で組み立て、車両配管系統の一部分を製作する。 標準時間:2時間
打切り時間:2時間30分
4.電気ぎ装作業
等級区分内容試験時間
1級
(H29前)
製作等作業試験 乗務員室の運転用配線図により、計器台(模型)に主幹制御器、前照灯点滅スイッチ、パンタ下げ押ボタン、前照灯切換スイッチ、ブレーキ弁等の配線及び端子板の結線を行う。 標準時間:2時間20分
打切り時間:2時間50分
計画立案等作業試験 電気車機器わく配線図及び機器わく内機器取付図より、配線分解表を作成する。 試験時間:2時間
2級
(H29前)
製作等作業試験 乗務員室の運転用配線図により、計器台(模型)に主幹制御器、ブレーキ弁等の配線及び端子板の結線を行う。 標準時間:2時間20分
打切り時間:2時間50分
5.鉄道車両現図作業
等級区分内容試験時間
1級
(H27前)
製作等作業試験 (1) 課題Ⅰ 複雑な立体の現図及び展開図を作成する。 標準時間:2時間30分
打切り時間:3時間
(2) 課題Ⅱ 複雑な車両構造図から車両構造部品(40個)の材料取りを行い、部品表を作成する。 試験時間:1時間20分
2級
(H27前)
製作等作業試験 (1) 課題Ⅰ 立体の現図及び展開図を作成する。 標準時間:2時間30分
打切り時間:3時間
(2) 課題Ⅱ 車両構造図から車両構造部品(30個)の材料取りを行い、部品表を作成する。 試験時間:1時間20分
6.走行装置整備作業
等級区分内容試験時間

1級
(H29後)

製作等作業試験 ボルトの締付け、平頭ピンの検査、輪軸の測定と内輪の選定及び円筒ころ軸箱の組立てを行う。 標準時間:1時間35分
打切り時間:2時間5分

2級
(H29後)

製作等作業試験 ボルトの締付け及び平頭ピンの検査を行う。 標準時間:40分
打切り時間:50分
7.原動機整備作業
等級区分内容試験時間
1級
(休止中)
2級
(休止中)
8.鉄道車両点検・調整作業
等級区分内容試験時間
1級
(H29後)
製作等作業試験 配電盤、パンタグラフ(又は機関、機関付属機器)、戸閉装置の点検・調整及び台車の測定について行う。 標準時間:2時間10分
打切り時間:2時間50分
2級
(H29後)
製作等作業試験 配電盤、パンタグラフ(又は機関、機関付属機器)、戸閉装置の点検・調整及び台車の測定について行う。 標準時間:2時間10分
打切り時間:2時間50分

PAGE TOP

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。

アンケートのご協力をお願いします

サイトのご感想をお聞かせください。

サイト運営の参考のためご協力よろしくお願いします。

技能検定制度への理解に

閉じる