技のとびら 技能検定制度等に係るポータルサイト

検索

文字サイズ

溶射技能士

  1. HOME
  2. 職種を調べる・探す
  3. 溶射技能士

職種内容

溶射技能士

溶射とは、金属やセラミックスなど様々な材料を加熱し、運動エネルギーを付与して基材表面に噴きつけて皮膜を形成する表面処理法の一つです。基材の保護、耐摩耗性・耐熱性向上や絶縁などの各種目的に用いられ、材質・形状において広範囲な素材に施工できます。「溶射職種」は、溶射の作業を行う仕事を対象としています。

試験実施スケジュール(平成29年度)

  • 試験実施スケジュールは、前年度の3月上旬頃に公表されます。
  • 「期間実施」の試験は、都道府県職業能力開発協会が定めるいずれかの日に実施します。
  • 「期間実施」以外の試験は、全都道府県が同一日程で試験を実施します。
作業名等級学科試験実技試験
1.防食溶射作業 単一等級
2.肉盛溶射作業 単一等級 9/3(日) 製作等作業試験:期間実施(前期6~9月)

学科試験概要

学科試験は、共通科目のほか、作業ごとに定められた選択科目を受検する必要があります。

詳細は、試験細目を参照してください。

学科試験
共通科目 1.溶射一般
2.電気
3.安全衛生
選択科目
(作業名)
1.防食溶射作業 防食溶射法
2.肉盛溶射作業 肉盛溶射法

実技試験概要

実技試験は、製作等作業試験、判断等試験及び計画立案等作業試験のいずれか、又はそれらの組み合わせにより実施されます。受検の際には、最新の試験情報を確認してください。

(試験概要は、前期職種は3月初旬頃、後期職種は9月初旬頃に公表されます)

1.防食溶射作業
等級区分内容試験時間
単一等級
(H28前)
製作等作業試験 ブラスト面の判定、試験板のブラスト面への防食溶射(アルミニウム溶射)及び皮膜厚さ判定を行う。 標準時間:20分
打切り時間:35分
(注)労働安全衛生法に基づくガス溶接作業主任者免許証又はガス溶接技能講習修了証その他資格を証する書面の携帯を要する。
2.肉盛溶射作業
等級区分内容試験時間
単一等級
(H29前)
製作等作業試験 試験片のブラスト作業と肉盛溶射(SUS420J2鋼相当)を行い密着強さ試験片を作成し、その皮膜厚さ測定を行う。 標準時間:30分
打切り時間:40分
(注)労働安全衛生法に基づくガス溶接作業主任者免許証又はガス溶接技能講習修了証その他資格を証する書面の携帯を要する。

PAGE TOP

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。

アンケートのご協力をお願いします

サイトのご感想をお聞かせください。

サイト運営の参考のためご協力よろしくお願いします。

技能検定制度への理解に

閉じる